寄島町の三郎島

岡山県の浅口市寄島町に三郎島という場所があるのですが、今回は三郎島を散歩してきました。

三郎島という名前ですが、本州との間は埋め立てられて干拓地になっているため車ですぐそばまで行くことができます。

なぜか三郎島の地図のリンクが貼れないので三郎島手前の三ツ山スポーツ公園の地図を貼っておきます。

三郎島はスポーツ公園のすぐ目の前なのでここに車を止めて歩いていきます。

スポーツ公園には自販機もトイレもありますが、三郎島には何もないので飲み物が必要な人はここで買っておきます。

寄島町の三郎島のマップ

赤いラインのように一旦南側に回って登山道から登っていきます。

なんで三郎島にきたかというと最近ウォーキングを頑張っているんですが、平地ばかりのコースで飽きてきたのでアップダウンのあるコースを探していたのです。

青佐山

対岸に見えるのは青佐山です。右側の堤防の向こうにはアッケシソウという珍しい植物の群生地があります。

寄島町の三ツ山

海岸沿いを歩いていると右手に三ツ山という岩が見えてきます。

潮が引くとほとんど陸続きになります。

今回写真はいつものSONYのRX100ⅤではなくスマホのGoogle pixel3aで全部取ったんですが問題なく綺麗ですね。

実際はもう少し青が濃くて綺麗です。

三郎島の南側の登山道

三郎島の南側の登山道から登っていきます。

かなり急なので足にきます。

三郎島から見る三ツ山

振り返ると三ツ山が見えます。

三ツ山の西側の展望台

しばらく登ると三郎島の西側の展望台に着きます。

三郎島の西側の展望台

三郎島はひょうたんみたいな形をしていて東側、西側の山にそれぞれ展望台があります。

西側の展望スペースは平地でベンチもありくつろげるスペースがあります。

この辺りは桜の木なので春になると綺麗でしょうね。

あと西の展望台には屋根がありますが、東の展望台には屋根がありません。景色を見るだけ。

三郎島の展望台

展望台はしっかりしたつくりです。

三郎島の展望台から見る風景

冬は葉が落ちてるけど夏になったら結構視界悪いかも。

三郎島の海岸

南側には海岸が2つあります。

向こうに見えるのは水島の工業地帯です。

三郎島の歩道

西側の展望台を後にして東側に移動します。

三郎島の上には人が住んでいなくてお墓と畑だけです。

三郎島の東側の展望台に続く道

三郎島の東側の展望台に続く道。

正直西側の展望台を上っただけでかなり足がガクガクしていますがトレーニングだと思って登ります。

三郎島から見る南側の海岸

ここからも三ツ山が見えますね。

あと黒い板状のものは牡蠣の養殖用のイカダだと思います。

岡山で牡蠣というと日生が有名ですが、実は寄島でもかなりとれます。

三郎島の東側の展望台へ行く道

すごい角度です。

三郎島の東側の展望台

これが東側の展望台。正直こなくていいレベル。

この展望台へ続く坂道から見える景色のほうがきれいです。

三郎島の東の展望台から見る景色

展望台から見る南側の景色。もう少し左側には瀬戸大橋が見えます。

三郎島の東の展望台から見る景色

東の水島方面はほぼ見えず。西側は三郎島の山が見えます。

三郎島の東の展望台から見る景色

北側は全く見えないね。

三郎島の苔陰の井戸へ行く道

三郎島の東側には苔陰の井戸というのがあります。

先ほどの東の展望台を降りてさらに海岸近くまでおります。

繰り返すアップダウンで足がパンパン。

三郎島の苔陰の井戸

特に何の説明板もないんですがこれが苔陰の井戸らしいです。

案内看板には旧石器出土跡と書いてあったんですが、この井戸からでたんでしょうか。

三郎島の苔陰の井戸の中

井戸としての機能は失われており、1m程度の深さです。

なんだろこれ。

苔陰の井戸から海岸に降りる道

先ほどの苔陰の井戸から三郎島の東側にある海岸に降りることができます。

三郎島の東側の海岸

三郎島にある西側と東側にある海岸のうちの東側です。

ここからまた三郎島を上って真ん中あたりの坂を南側に降りると三郎自然海岸に着きます。

三郎島の休憩所

三郎島の真ん中あたりにある休憩所が目印です。

三郎島の三郎自然海岸に降りる道

三郎島の休憩所脇の下り坂をおります。

この坂は階段じゃないのでかなり降りづらい。

途中から微妙な階段になるんですがそれもまた歩きにくい。

三郎島の三郎自然海岸

三郎自然海岸はかなり長い海岸です。

Google pixel3aのレンズでは全部おさまりきらない。

真ん中あたりに見えるのはカフェです。

三郎島にあるカフェヨシツネ

この海岸何回か来てるんだけどこのカフェ開いてるの見たことないですね。

いつやってるんだろ?

閉店してるのかなと思ったんですが、庭は手入れがされているのでやってはいるんでしょうね。

関連ランキング:カフェ | 寄島町その他

三郎島の自然海岸

この海岸はいつきても誰もいないので最高です。

秘密基地感が素晴らしい。

でも人の足跡や犬の足跡があるので地元の人はここまで来るんでしょうね。

三郎島の三郎自然海岸

目の前の崖の向こうに東側の海岸があります。

潮が引いてたら壁伝いにいけそうではありますが。

三郎自然海岸にある風化したエンジン

海岸にあった風化した船のエンジン?

三郎自然海岸の波

しばし波の音を聞きながら休憩。

コーヒーが飲みたいなあと思いながら海を見てました。

コーヒー買ってくりゃよかった。

三郎島前のスポーツ公園か島の近くのコンビニまで我慢です。

三郎自然海岸

僕は山の上を上って三郎自然海岸にきましたが、潮が引いていれば海伝いに歩いてくることもできます。

三郎島の猫

三郎島自体には人が住んでないけど三郎島の北側の下には住宅地があります。

海が近いせいか猫をたくさん見かけました。

↓下の「暮らしを楽しむ」と書かれたバナーをクリックしていただけると更新の励みになるのでうれしいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ

最後まで記事を読んでいただきありがとうございます。